×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

地蔵菩薩本願功徳経
じぞうばさつほんがんくどくきょう



爾時世尊 挙金色臂 又摩地蔵菩薩  摩訶薩頂 而作是言 この時、世尊は金色の腕を上げ、「地蔵菩薩は最高に偉大な志を持つ者です」と言った。
地蔵地蔵 汝之神力不可思議 汝之慈悲不可思議 汝之智慧不可思議 汝之辯才不可思議 地蔵よ地蔵よ、汝の神力は無量である。汝の慈悲は無量である。汝の智慧は無量である。汝の分別は無量である。
正使十方諸佛 讃歎宣設 汝之不思議事 千萬劫中 不能得盡 例え、十方のもろもろの佛は教えをほめたたえ、汝の無量の境地は、無限に滅びることはない。
地蔵地蔵 記吾今日 在刀利天中 於百千萬億 不可設不可設 一切諸佛菩薩 天龍八部大会之中 地蔵よ地蔵よ、吾は今、最高の悟りに達することができることを約束しよう。刀利天の中におり。百千萬億において説くことが出来ない全てのもろもろの佛・菩薩・天龍・八部衆が大会におり
載似人天 諸衆生等 未出三界 在火宅中者 付嘱於汝 人・天人・もろもろの衆生など三界を出られず、煩悩と苦に満ちたこの世にいる者に、教え伝える事を汝に託す。
無令是諸衆生 堕悪趣中一日一夜 何况更落 五無間及阿鼻地獄 動経千萬億劫 無有出期 もろもろの衆生は、一日一夜にして煩悩により悪業を作ってその中に住み、五つの無間地獄及び阿鼻地獄へ更に落ちてしまい、気が付くと千萬億劫が過ぎ、その地獄からでられることはない。
地蔵是南閻浮提衆生 志性無定 習悪者多 縦発善心 須臾即退 地蔵よ 人間界に住んでいる衆生は、仏となる志しと資質が定まっていないので、煩悩が残っている悪者が多く、たとえ善い心を起したとしても瞬時に消えてなくなってしまう。
若遭悪縁 念念増長 以是之故 吾分是形 百千萬化度 隋其根性而度脱之 もし、悪縁に遭遇したら、刻一刻と悪縁が増長する。それゆえ、汝の教えが無限に衆生を導き救う。従って、この迷いの世界から解脱させなければならない。
地蔵吾今慇懃 以天人衆 付嘱於汝 未来之世 若有天人 及善男善女人 於佛法中 種少善根 一毛一塵 一沙一帝 汝以道力 擁護是人 地蔵よ 吾は今、丁寧に天人達に教えが伝わるよう汝に託す。未来の世に、もし天人及び善き男性、善き女性がいたなら、佛の法の中において、少しの善根の種であっても、一本の毛、一粒のチリ、一粒の砂、一粒のしずくも汝の智慧の力をもって、この人達を擁護するであろう
漸修無上 勿令退出 復次地蔵 未来世中 若天若人 隨業報応 落在悪趣 臨墜趣中 或至門首 最高の境地に達するまで修行をやめてはいけない。さらに地蔵よ。未来の世に、もし天人や人が輪廻の報いが応じ、迷いの世界に落ち、衆生が煩悩によって作った業(ごう)に引かれ、臨んで落ちた迷いの世界から出られるに至らしめる。
是諸衆生 若能念得 一佛名一菩薩名 一句一偈 大乗経典 このもろもろの衆生が念じて得られる一人の仏の名と一人の菩薩の名は、一句一偈の大乗経典にある。
是諸衆生 汝以神力 方便求抜 於是人所 現無辺身 為碎地獄 遺令生天 受勝妙楽 このもろもろの衆生は、汝の偉大な力のすぐれた教化によって、苦しみを除き救われるであろう。この人達のいる所には仏身で現れ、地獄を砕き、天界へ生まれさせ、最高の妙楽を感じされるであろう。
爾時世尊 而説偈言 現在未来天人衆 吾今慇懃付嘱汝 以大神通方便度 勿令堕在諸悪趣 このとき世尊は偈をもって説いた。現在と未来の天人達に、我、今、教えを伝えるよう汝に託す。偉大な力によって、すぐれた教化をし、もろもろの悪業の報いによって迷いの世界へ落ちたものを救われるであろう。
爾時 地蔵菩薩摩訶薩 胡跪合掌 白佛言 世尊唯願世尊 このとき地蔵菩薩は膝を地に付け合掌をし、仏に言った。「世尊よ」丁寧に世尊にお願いをした。
不以受為 未来世中 若有善男子善女人 於佛法中 一念恭敬 我亦百千方便 度脱是人 於生死中 速得解脱 思惟をしても意味がありません。未来の世の中に、もし、善き男性と善き女性がいて佛の法の中で一心に念じ、謹み敬うならば、我はまた、無限のすぐれた教えをこの人達に教化し、生死の中においても速やかに悟りを得られるからです。
何況聞諸善事 念念修行 自然於無上道 永不退転 説是語時 会中有一菩薩 いわんや この善い事を聞き、一瞬一瞬の修行を行ったなら自然に悟りの道が開け、絶対に失うことはない。この言葉を説いたときに、大会に一人の菩薩がいた。
名虚空蔵 白佛言 世尊我自至刀利天 聞於如来讃嘆 名前を虚空蔵という。佛に言う。世尊 我は刀利天から来ました。これを聞いた如来は褒め称えた。
地蔵菩薩威神勢力 不可思議 未来世中 若有善男子善女人 乃及一切天龍 聞此経典及地蔵名字 或瞻禮形像 得幾種福利 唯願世尊 受未来現在 一切衆生等 略而説之 地蔵菩薩の偉大な威力は無量である。未来の世の中に善き男性、善き女性及び一切の天龍に、この経典と地蔵の名前或いはお姿を仰ぎ礼拝したなら、福徳と利益の種が具わるであろう。
世尊に丁寧にお願いをした。未来と現在の衆生の為に簡単に説いてほしいと言った。
佛告虚空蔵菩薩諦聴諦聴 吾當為汝 分別説之 佛は虚空蔵菩薩に、これから告げる事を聴きなさい、よく聴きなさいと告げた。吾は汝の為にわかりやすく説こう。
若未来世 有善男子善女人見地蔵形像 及聞此経 乃至読誦香華 飲食衣服珍宝 布施供養讃歎瞻禮 得二十八種利益 もし未来の世に、善き男性と善き女性が地蔵菩薩のお姿を見たり、この経を聴き読誦し香華をあげ、飲食、衣服、珍しい宝を布施し、供養をして褒め称え仰ぎ見て礼拝をしたなら、28種の功徳を得られるでしょう。
一者天龍護念
二者善果日増
三者集聖上因
四者菩提不退
五者衣食豊足
六者疾疫不臨
七者離水火災
八者無盗賊厄
九者人見欽敬
十者神鬼助持
十一者女転男身
十二者為王臣女
十三者端正相好
十四者多生天上
十五者或為帝王
十六者宿智命通
十七者有求皆従
十八者眷属歓楽
十九者諸横消滅
二十者業道永除
二十一者去処盡通
二十二者夜夢安楽
二十三者先亡離苦
二十四者宿福受生
二十五者諸聖讃歎
二十六者聰明利根
二十七者饒慈愍心
二十八者畢竟成仏
1.天龍が守ってくれる
2.善果が日ごと増す
3.勝れた因が集る
4.菩提が退ことがない
5.衣・食に豊で不足しない
6.病気にかからない
7.水の難、火の難に遭わない
8.盗賊の被害に遭わない
9.人から敬われる
10.鬼神が助けとなる
11.女が男性に転ずる
12.王の女性大臣となる
13.容姿端麗で相がよい
14.何度も天界へ生まれ変わる
15.或いは帝王になる
16.前世に得た智慧によって将来を知る事ができる
17.求める者は皆、従い
18.眷属が歓び楽しむ
19.全ての不道理を消滅させる
20.苦楽の報いの善悪の業を永久に取り除く
21.苦しみに通じるところが滅びる
22.夜の夢見が安らかになる
23.先祖が苦しみから離れられる
24.前世の福を受け、生まれる
25.全ての聖者がほめたたえる
26.素質や能力がすぐれる
27.哀れみ、慈しむ心を与える
28.絶対的な悟りを得ることができる
復次虚空蔵菩薩 若現在未来 天龍鬼神 聞地蔵名 礼地蔵形 さらに虚空蔵菩薩は、もし現在と未来に天龍と鬼神が、地蔵の名を聞いて地蔵のお姿に礼拝をし
或聞地蔵 本願事行 讃歎瞻礼 得七種利益 あるいは地蔵の本願を目指す修行を聞き、褒め称え、仰ぎ見て礼拝をしたなら、七種の利益を得られるであろう
一者速超聖地
二者悪業消滅
三者諸佛護臨
四者菩提不退
五者増長本力
六者宿命皆通
七者畢竟成佛
1.すぐに完全な聖地へ行かれる
2.悪業を消滅させる
3.諸仏が臨んで守ってくれる
4.悟りの境地から退くことはない
5.本来、持っている力が増す
6.前世の全てを見ることができる
7.絶対的な悟りを得ることができる
爾時十方 一切諸来 不可説不可説  諸佛如来及大菩薩 天龍八部 聞釈迦牟尼佛 稱揚讃歎 この時、十方の人々が全て集り、言葉では現すことができず、説くことのできない地蔵菩薩の徳を沢山の諸仏、如来及び大菩薩、天竜、八部衆は、お釈迦様からお聞きになりその徳を褒め称えた。
地蔵菩薩 大威神力 不可思議 歎未曽有  地蔵菩薩の偉大な力は無量であると、この不思議な力を誉め称えた。
是時刀利天 雨無量香華 天衣瓔珞 供養釈迦牟尼佛 及地蔵菩薩己 一切衆会 倶復瞻禮 合掌而退 この時、刀利天は無量の香華の雨を降らせ、天衣、宝石、瓔珞をお釈迦様に捧げた。そして、地蔵菩薩と一切の集会に集っている人々が共にお釈迦様に礼拝をし、合掌をして退場した。


☆刀利天中の[刀]はりっしんべんが付きます。
 仏教の世界観である須弥山(しゅみせん)の頂きにあり、帝釈天(たいしゃくてん)が住んでいる所。
☆三界とは、三つの迷いの世界
 1.欲界(よっかい) 淫欲・食欲の2つの欲がある世界。人間界はここにある。
 2.色界(しきかい) 欲を離れた清らかな世界。物質から成る。
 3.無色界(むしきかい) 欲と物質がなく高度な精神世界。