×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

阿  弥  陀  経
(あみだきょう)

  

阿弥陀経は浄土三部経のうちの一つです。
三部経とは[無量寿経][観無量寿経][阿弥陀経]の三経を言い、阿弥陀如来の浄土思想を説き、浄土往生の教えを説いている。
阿弥陀経は念仏により、極楽浄土に往生できることが偽りでないことを、諸仏が証明しているお経であるという。

文字がないものは、カタカナで表示させて戴きます。

如是我聞 一時佛在 舎衛国 祇樹給孤獨園 與大比丘衆 千二百五十人倶 皆大阿羅漢 衆所知識 私はこのように聞きました。ある時仏は舎衛国の祇樹給孤獨園においでになり、大比丘衆1250人と一緒であった。皆、徳の高い阿羅漢で衆生に知られていました。
長老舎利佛 摩訶目ノ連 摩訶迦葉 摩訶迦稱延 摩訶倶ち羅 離婆多 周離般佗伽 難陀 阿難陀 羅篌羅 きょう梵波提 賓頭盧 頗羅堕 迦留陀夷 摩訶劫賓那薄拘羅 阿ぬ樓駄 如是等 諸大弟子 長老のシャリホツ、モッケンレン、マカカショウ、マカカセンネン、マカクチラ、リハタ、シュリハンダカ、ナンダ、アナンダ、ラゴラ、キョウボンハダ、ビンズルハラダ、カルダイ、マカコウヒンナ、ハクラ、アヌルダの各ごとく諸々の大弟子である。
弁諸菩薩摩訶薩 文殊師利法王子 阿逸多菩薩 乾陀訶提菩薩 常精進菩薩 與如是等 諸大菩薩 及釈提柤因等 無量諸天 大衆倶 並びに諸々の偉大な修行者である文殊菩薩、阿逸多菩薩、乾陀訶提菩薩 常精進菩薩、このような諸々の大菩薩及び帝釈天、たくさんの諸天、衆生が一緒にいた。
爾時仏告 長老佐舎利弗 従是西方 過十万億仏土 有世界 名曰極楽 其土有仏 号阿弥陀 今現在説法 その時、仏は長老舎利弗に言われました。
「これより西の方角、十万億の仏の国を過ぎて世界がある。極楽という名前である。その世界に仏がおり、阿弥陀と言い、今現在、法を説いておられる」
舎利弗 彼土何故 名為極楽 其国衆生 無有衆苦 但受諸楽 故名極楽 舎利仏よ、何故にかの国は極楽と名づけるのか。この国の衆生には苦がなく、ただ諸々の楽しみを受けるので極楽と名づける。
又舎利仏 極楽国土 七重欄楯 七重羅網 七重行樹 皆是四宝 周巾囲繞 是故彼国 名曰極楽 また舎利弗よ、極楽の国は七重の柵と七重の網、七重の並木があり、これらはみな、四宝で出来ていて周りを囲んでいるので、それ故極楽という。
又舎利弗 極楽国土 有七宝池 八功徳水 充満其中 池底純以 金沙布地 また、舎利仏よ、極楽の国には七宝のでできている池があり、八種類の徳を具えた水が満々ている。池の底は金の砂が一面に敷き詰められている。
四辺皆道 金銀瑠璃 玻リ合成 上有楼閣 亦以金銀 瑠璃 玻リ シャコ 赤珠 瑪瑙 而厳飾之 四方には階段の道があり、金・銀・ルリ・ハリ・が組み合わされている。その上には楼閣があり、金・銀・ルリ・ハリ・シャコ・赤い玉・メノウで美しく飾られている。
池中蓮華 大如車輪 青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 微妙香潔 舎利弗 極楽国土 成就如是 功徳荘厳 池の中には蓮華が咲いており、大きさは車輪のようである。青い蓮華は青く光輝き、黄色い蓮華は黄色く光輝き、赤い蓮華は赤く光輝き、白い蓮華は白く光輝いていて、いづれも清らかな香を放っている。舎利仏よ、極楽の国とはこのように功徳の荘厳で満たされている。
又舎利弗 彼仏国土 常作天楽 黄金為地 昼夜六時 而雨曼荼羅華 また舎利仏よ、かの仏の国は常に天の音楽が奏でられ、地面は黄金でできており、昼三回、夜三回に曼荼羅の花の雨を降らす。
其国衆生 常以清旦 各以衣コク 盛衆妙華 供養他方 十万億弗 即以食時 還倒本国 飯食経行 舎利弗 極楽国 成就如是 功徳荘厳 この国の衆生はいつも清々しい朝になると、花皿に最高の花を盛り、他の国々の無数の仏を供養する。食事の時間までには国へ戻り、食時後は静かに散歩をする。舎利弗よ、極楽の国はこのように功徳の荘厳が具わっている。
復次 舎利弗 彼国常有 種種奇妙雑色之鳥 白鵠 孔雀 鸚鵡 舎利 迦陵頻伽 共命之鳥 是諸衆鳥 昼夜六時 出和雅音 又次に舎利弗よ。かの国には常に色とりどりの珍しい鳥がいる。白鳥・孔雀・オウム・舎利・迦陵頻伽・共命の鳥の諸々の鳥が昼三回、夜三回優雅な声で鳴く。
其音演暢 五根 五力 七菩提分 八聖道分 如是等法 其土衆生 聞是音巳 皆悉念仏念法念僧 この声は五根・五力・七菩提分・八聖道分など、このような法を説き明かしている。この国の衆生はこの声を聞き、皆すべて仏を念じ、法を念じ、僧を念じている。
舎利弗 汝勿謂此鳥 実是罪報所生 所以者何 彼仏国土 無三悪趣 舎利弗よ、汝はこの鳥が実在するのは罪の報いによって生まれてきたと、何者も思ってはいけない。何故なら、かの仏の国は地獄・餓鬼・畜生がないからである。
舎利弗 其仏国土 尚無三悪趣道之名 何況有実 是諸衆鳥 皆是阿弥陀仏 欲令法音宣流 変化所作 舎利弗よ、この仏の国は地獄・餓鬼・畜生という名さえないのだから、そのようなものもいない。この色々な鳥はみな、阿弥陀仏が正しい教えを広めるために色々な姿に変えて作られた。
舎利弗 彼仏国土 微風吹動 諸宝行樹 及宝羅網 出微妙音 舎利弗よ、かの仏の国はそよ風吹いていて、諸々の宝の並木及び、宝の網が最高の音を奏だしている。
譬如百千種楽 同時倶作 聞是音者 皆自然生 念仏念法念僧之心 舎利弗 其仏国土 成就如是 功徳荘厳 百千種の最高の音楽が同時に奏でているようである。音楽をこ聞く者はみな、自然に仏を念じ、法を念じ、僧を念じる心が生じる。舎利弗よ、この仏の国は、このような功徳の荘厳が具わっている。
舎利弗 於汝意云何 彼仏何故 号阿弥陀 舎利弗 彼仏光明無量 照十方国 無所障礙 是故号為阿弥陀 舎利弗よ、何故かの仏が阿弥陀と言うのか、汝はどう思うか? 舎利弗よ、かの仏は無量の光明を十方の国々を照らし、何ものにも妨げられない。それゆえ阿弥陀という。
又舎利弗 彼仏寿命 及其人民 無量無辺 阿僧祇劫 故名阿弥陀 又、舎利弗よ、この仏の寿命及びこの国の民の寿命は、無量の限りなく無限である。ゆえに阿弥陀という名である。
舎利弗 阿弥陀仏 成仏以来 於今十劫 又舎利弗 彼仏有無 無量無辺 聞声弟子 皆阿羅漢 非是算数之所能知 諸菩薩衆 亦復如是 舎利弗よ、阿弥陀仏が悟りを開いて今日まで十劫という時が過ぎている。また、舎利弗よ、かの仏には限りない声聞の弟子がいる。皆、聖者の位に達している。その数は数え切れない。諸々の菩薩達もまた、同じである。
舎利弗 彼仏国土 成就如是 功徳荘厳 又舎利弗 極楽国土 衆生生者 皆是阿び跋至 其中多有 一生補処 舎利弗よ、かの仏の国はこのような見事な功徳に飾られている。また、舎利弗よ、極楽の国に生まれた衆生は、皆、悟った地位より退くことがない。どの中には多くの菩薩もいる。
其数其多 非是算数 所能知之 但可以無量無辺 阿僧祇劫説 この数はこのうえなく多く、数え尽くす事ができない。ただ無限の限りない時間を掛けたなら測り知れることができる。
舎利弗 衆生聞者 応当発願 願生彼国 所以者何 得与如是 諸上善人 倶会一処 舎利弗よ、これを聞いた衆生はまさに浄土へ生まれたいという願を起こしなさい。理由は、多くの諸々のすぐれた聖者と浄土で会えるからである。
舎利弗 若有善男子善女人 聞説阿弥陀仏 執持名号 若一日 若二日 若三日 若四日 若五日 若六日 若七日 一心不乱 舎利弗よ、もし善き男子、善き女性が阿弥陀仏の法を聞き、その名号を保って、若しくは一日、若しくは二日、若しくは三日、若しくは四日、若しくは五日、若しくは六日、若しくは七日の間、心を乱さず一心に思い続けたなら
其人臨命終時 阿弥陀仏 与諸聖衆 現在其前 是人終時 心不顛倒 即得往生 阿弥陀仏 極楽浄土 この人が命が終わる時、阿弥陀仏は諸々の聖者達と一緒にこの前に現れるのである。この人の命が終わる時に心が迷わずに、すぐに阿弥陀仏の極楽浄土へ生まれるのである。
舎利弗 我見是利 故説此言 若有衆生 聞是説者 応当発願 生彼国土 舎利弗よ、私はこの利益を見て知っているが故に、この事を説くのである。もし、衆生がいて、これを聞いた者はすぐに願を起こして、かの浄土に生まれなさい。
舎利弗 如我今者 讃歎阿弥陀仏 不可思議功徳 東方亦有 阿しゅくび仏 須弥相仏 大須弥仏 須弥光仏 妙音仏 如是等 恒河沙数諸仏 各於其国 出広長舌相 偏覆三千大千世界 説真実言 汝等衆生 当信是称賛 不可思議功徳 一切諸仏 所護念経 舎利弗よ、我が今、阿弥陀仏の不思議な功徳を讃えているように、東方にもまた、阿しゅく仏・須弥相仏・大須弥仏・須弥光仏・妙音仏などのガンジス河の砂の数ほどの諸仏がおられ、各々国の仏は広くて長い舌を出し、三千大世界を覆い真実の教えを説いており「汝ら衆生よ『阿弥陀仏の不思議な功徳を一切の諸仏が褒め称えているこのお経』を信じなさい」と言っておられる。
舎利弗 南方世界 有日月燈仏 名聞光仏 大焔肩仏 須弥燈仏 無量精進仏 如是等 恒河沙数諸仏 各於其国 出広長舌相 偏覆三千大千世界 説真実言 汝等衆生 当信是称賛 不可思議功徳 一切諸仏 所護念経 舎利弗よ、南方の世界に日月燈仏・名聞光仏・大焔肩仏・須弥燈仏・無量精進仏などのガンジス河の砂の数ほどの諸仏がおられ、各々国の仏は広くて長い舌を出し、三千大世界を覆い真実の教えを説いており「汝ら衆生よ『阿弥陀仏の不思議な功徳を一切の諸仏が褒め称えているこのお経』を信じなさい」と言っておられる。
舎利弗 西方世界 有無量寿仏 無量相仏 無量幢仏 大光仏 大明仏 宝相仏 浄光仏 如是等 恒河沙数諸仏 各於其国 出広長舌相 偏覆三千大千世界 説真実言 汝等衆生 当信是称賛 不可思議功徳 一切諸仏 所護念経 舎利弗よ、南方の世界に無量寿仏・無量相仏・無量幢仏・大光仏・大明仏・宝相仏・浄光仏などのガンジス河の砂の数ほどの諸仏がおられ、各々国の仏は広くて長い舌を出し、三千大世界を覆い真実の教えを説いており「汝ら衆生よ『阿弥陀仏の不思議な功徳を一切の諸仏が褒め称えているこのお経』を信じなさい」と言っておられる。
舎利弗 北方世界 有焔肩仏 最勝音仏 難沮仏 日生仏 網明仏 如是等 恒河沙数諸仏 各於其国 出広長舌相 偏覆三千大千世界 説真実言 汝等衆生 当信是称賛 不可思議功徳 一切諸仏 所護念経 舎利弗よ、北方の世界に焔肩仏・最勝音仏・難沮仏・日生仏・網明仏などのガンジス河の砂の数ほどの諸仏がおられ、各々国の仏は広くて長い舌を出し、三千大世界を覆い真実の教えを説いており「汝ら衆生よ『阿弥陀仏の不思議な功徳を一切の諸仏が褒め称えているこのお経』を信じなさい」と言っておられる。
舎利弗 下方世界 有獅子仏 名聞仏 名光仏 達摩仏 法幢仏 持法仏 如是等 恒河沙数諸仏 各於其国 出広長舌相 偏覆三千大千世界 説真実言 汝等衆生 当信是称賛 不可思議功徳 一切諸仏 所護念経 舎利弗よ、下方の世界に獅子仏・名聞仏・名光仏・達摩仏・法幢仏・持法仏などのガンジス河の砂の数ほどの諸仏がおられ、各々国の仏は広くて長い舌を出し、三千大世界を覆い真実の教えを説いており「汝ら衆生よ『阿弥陀仏の不思議な功徳を一切の諸仏が褒め称えているこのお経』を信じなさい」と言っておられる。
舎利弗 上方世界 有梵音仏 宿王仏 香上仏 大焔肩仏 雑色宝華厳身仏 娑羅樹王仏 宝華徳仏 見一切義仏 如須弥山仏 如是等 恒河沙数諸仏 各於其国 出広長舌相 偏覆三千大千世界 説真実言 汝等衆生 当信是称賛 不可思議功徳 一切諸仏 所護念経 舎利弗よ、上方の世界に梵音仏・宿王仏・香上仏・大焔肩仏・雑色宝華厳身仏・娑羅樹王仏・宝華徳仏・見一切義仏・如須弥山仏などのガンジス河の砂の数ほどの諸仏がおられ、各々国の仏は広くて長い舌を出し、三千大世界を覆い真実の教えを説いており「汝ら衆生よ『阿弥陀仏の不思議な功徳を一切の諸仏が褒め称えているこのお経』を信じなさい」と言っておられる。
舎利弗 於汝意云何 何故名為 一切諸仏 所護念経 舎利弗よ、汝はどう思うか。何故に一切の諸々の仏に護られているお経と名づけられているのか。
舎利弗 若有善男子善女子 聞是諸仏所説名 及経名者 是諸善男子善女人 皆為一切諸仏 共所護念 皆得不退転 於阿耨多羅三藐三菩提 舎利仏よ、もし善き男性と善き女性がおり、諸仏の説く阿弥陀仏の名及びお経の名を聞けば、諸々の善き男性、善き女性はみな一切の諸仏に護られ、得た無上の悟りを失う事がない。
是故 舎利弗 汝等皆当信受 我語及諸仏所説 これゆえ、舎利弗よ。汝等みな、私の説く教え及び諸仏の説く教えを信じなさい。
舎利弗 若有人 已発願 今発願 当発願 欲生阿弥陀仏国者 是諸人等 皆得不退転 於阿耨多羅三藐三菩提 於彼国土 若已生 若当生 舎利弗よ、もし人々がおり、すでに願を起こして、いま願を起こして、これから願を起こし、阿弥陀仏の国に生まれたいと思う人々は、無上の悟りを得て失う事がなく、かの国に、もしすでに生まれているか、もし今生まれるか、これから生まれるであろう。
是故 舎利弗 諸善男子善女人 若有信者 応当発願 生彼国土 それゆえ舎利弗よ、諸々の善き男子、善き女性で信じる者がいれば、まさに願を起こしかの国土に生まれなさい。
舎利弗 如我今者 称讃諸仏 不可思議功徳 彼諸仏等 亦称説我 不可思議功徳 而作是言 釈迦牟尼仏 能為甚難希有之事 能於娑婆国土 五濁悪世 劫濁 見濁 煩悩濁 衆生濁 命濁中 得阿耨多羅三藐三菩提 為諸衆生 説是一切世間 難信之法 舎利弗よ。私が今、諸仏の不思議な功徳を褒め称えているように、諸仏達もまた、私の不思議な功徳を褒め称え、このように言った。
『釈迦牟尼仏は非常に艱難な事を成し遂げ、この娑婆世界で劫濁・見濁・煩悩濁・衆生濁・命濁の五濁の中で無上の悟りを得て、諸々の衆生の為に一切の世で、凡夫の智慧では信じがたい法を説かれた』と。
舎利弗当知 我於五濁悪世 行此難事 得阿耨多羅三藐三菩提 為一切世間 説此難信之法 是為甚難 舎利仏よ、知らねばならない。私は五濁に満ちた悪い世において、この難しい事を行い、無上の悟りを得て一切の世の為に、この難しい法を説いたのである。非常に難しい事であった。
仏説此経已 舎利弗及諸比丘 一切世間 天人阿修羅等 聞仏所説 歓喜信受 作礼而去 仏説阿弥陀経 仏様はこのお経を説き終わった。舎利弗及び諸々の比丘、天人、阿修羅なと、仏の説法を聞いて喜び、信じ、仏に礼拝して去った。
仏様がお説きになった阿弥陀様のお経



☆ 釈提柤因=帝釈天のこと
☆舎利(しゃり)=九官鳥の類。全身黒色で頸部だけ黄色を帯びた鳥。人間の言
           葉を覚えるという。
☆迦陵頻伽(かりょうぴんが)=頭が人間で体が鳥。殻の中にいる時から美しい
           声でよく鳴く鳥で、その声は聞く者を飽きさせないという。
☆共命鳥(きょうめいちょう)=2つの頭を持つ鳥
☆日月燈仏=夜も昼も光が断続して絶え間ない仏様
☆名聞光仏=この仏の光は世間に知れ渡っているという仏様
☆大焔肩仏=衆生を導く為の智慧と真実の智慧が勝れている仏様
☆須弥燈仏=心の闇を照らす法灯を掲げる事が、須弥山のように高い仏様
☆無量精進仏=あらゆる事に精進を怠らない仏様
☆無量寿仏=阿弥陀如来のこと
☆無量相仏=姿、形を変え、衆生を導く仏様
☆無量幢仏=仏法を幢に例えた、幢を立てている仏様
☆大光仏=仏様の光には無限であるということを現している
☆大明仏=衆生の迷いを破り、思うままにどんな事でもできるという働きを現す
☆宝相仏=福徳と智慧を満たした功徳の姿を持つ仏様
☆浄光仏=光明を放ち、衆生の三毒を消滅する働きを現す仏様
☆焔肩仏=衆生を救う為の智慧が勝れている仏様
☆最勝音仏=勝れた微妙な音が十方に響き渡っている仏様
☆難沮仏=無限の仏の大慈悲は阻む事も、覆う事もできたい事を象徴した仏様
☆日生仏=衆生に利益を得されることは、朝日が昇る如くのようである
☆網明仏=光明が交錯して宝石の網目のような仏様
☆獅子仏=教えを説いたり、おごり高ぶりを降伏させる事が獅子のである仏様
☆名聞仏=名前が十方に知れ渡っている仏様
☆名光仏=光明が勝れており、誉が高い仏様
☆達摩仏=勝れた見事は法を保っていうる仏様
☆法幢仏=法を説く事が幢がそびえるようである仏様
☆持法仏=法を住持して後世に伝える仏様
☆梵音仏=量る事のできない清らかな音声を持っている仏様
☆宿王仏=阿弥陀様の光を受け継いで、迷いの衆生の世界を照らす仏様
☆香上仏=最上の功徳を持っている仏様
☆大焔肩仏=衆生を導く為の智慧と真実の智慧が勝れている仏様
☆雑色宝華厳身仏=いろいろな色の宝の華で飾られた仏様
☆沙羅樹王仏=仏法を守る事が堅い仏様
☆宝華徳仏=この華は[萎まない][人を楽しませる][この華以外にない][美しく清ら
         かである]という4つの徳がある花を持っていうる仏様
☆見一切義仏=一切の法門の義を知り尽くし、衆生に応じた説法をする仏様
☆如須弥山仏=徳が不動で須弥山のようになる仏様