×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薬師本願功徳経


訓読みのため、訳文のみの掲載を致します。


私はこのように聞きました。
一時、世尊は諸国を歩き広厳城(こうごんじょう)に入り、楽音樹の下に住しました。修行者八千人と一緒です。菩薩三万六千及び国王、大臣、バラモン、居士、天龍、八部衆、人非人等、無量の大衆は三度右回りをして、謹み敬い、しかも法を説いて頂いた。
その時、曼殊室利法王子は仏の偉大な力を承け、座より立って右肩をはだぬき、右肘を地に付けて世尊に向かって体を曲げ合掌して言った。
「世尊よ。ただ願いは優れた功徳を説いて下さい。諸々の聞き手の悪業を消滅させ、像法の時代になったとき、諸々の人々を救いたいと思うがためです」
その時、世尊は曼殊室利童子をたたえて言いました。
「よしよし、曼殊室利よ。汝は慈悲心をもって、私に諸仏の名号と本願の功徳を説く事を講うた。諸々の人々を利益し、安楽させる為のことなり。汝は今、よく聞き、極めてよく考えなさい。まさに汝の為に説こう」
曼殊室利は言いました。「ただ、説いて下さる事を願います。我らは聞きたいと願います」

世尊は曼殊室利に言いました。
「東の方に、ここを去ること十恒河沙などの仏土を過ぎて世界がある。浄瑠璃という。仏を薬師瑠璃光如来、応正等覚、明行円満、善逝、世間解、無上士、調御丈夫、天人師仏、薄伽梵という名である。曼殊室利よ。かの世尊、薬師瑠璃光如来は、もと菩薩の道を行していた時に十二の大願を起し、諸々全ての求めるところを体得した」

第一の大願は、願わくば我れ来世に悟りをえたなら、私自信の光明の灯が燃え、無量、無数、無辺の世界を照らし、三十ニ相八十種好の相をもって、一切の衆生とは異なるようになる。

第ニの大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、身は瑠璃の如く、心と身は優れ、清くして穢れがなく、光明は広大にして、功徳は高く優れている。身は仏にして、体は焔の網をもってうるわしく飾られ、その焔の網は、太陽と月をも過ぎ、暗闇の衆生はことごとく知識を得られ、心のおもむくままに従って、諸々の働きをする。

第三の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、無量、無辺の智慧と方便によって、諸々の衆生が皆、苦しみがなくなる所の法楽を得るようにさせ、衆生に乏しく、欠けることがないようにする。

第四の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、もし諸々の衆生がよこしまな道を行ずる者がおれば、ことごとく悟りの道の中に安住させ、もし自己の完成だけを求める者、他人の教えを聞かず、独自の方法で修行をする者を皆、偉大な教えをもって安定させる。

第5の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、無量、無辺の衆生がいて、我が法の中にいて欲を断つ修行をしたら、一切みな戒を欠かず、菩薩の保つべき乖離ルを具え、得させ、例え戒律を損なうことがあっても我が名前を聞いたなら、かえって迷いの世界へ落ちることはない。

第六の大願は、願わくば来世に悟りを得たなら、もし諸々の衆生のその身は生まれつきにして眼・耳・鼻・舌・身が具わらず、醜い、頑固で馬鹿、眼・耳・口・手・足など不自由にして、又、不治や難病の種々の病気の苦があっても、我が名前を聞いたなら一切は皆、容姿端麗、智慧が豊になることを得て、眼・耳・鼻・舌・身は完全に具わり、諸々の苦はなくなる。

第七の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、もし諸々の衆生が種々の病気に苦しめられ、救いなく、頼れるところなく、医者がなく、薬なく、親なく、家なく、貧乏にして苦しみが多いなら、我が名号を一度その耳に経れば、諸々の病気をことごとく除き、心身安楽にして、家族、生活の為の道具がことごとく皆、豊になり最高の悟りをまで得られる。

第八の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、もし女性がいて、女の百の悪に苦しめられるが為に、極めて穢れを嫌って離れたいという思いが生じ、女の身を捨てたいと願って、我が名前を聞いたなら、一切皆、女性が転じて男性となり、丈夫な体が具わり、最高の悟りを得られる。

第九の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、諸々の衆生に魔の綱を出し、一切のが外道の煩悩を解脱させる。もし、種々の偏見の茂っている林に落ちたものは皆、正に仏の慈悲心により救い取られ、正しい考えを安定させ、ようやく諸々の菩薩の行を修し、速やかに最高の正しい悟りを悟れせる。

第十の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、もし、諸々の衆生が国の法律にかせられ、縛られ、ムチで打たれ、牢獄に繋がれ、閉じ込められ、或いは刑に処せられ及び余りの無量の災難に力ずくで侵され、なげき悲しみがせまり、心身に苦しみを受けても我が名前を聞いたなら、我が福徳の偉大な力をもって、皆一切の憂い、苦しみから逃れることができる。

第十一の大願は、我れ来世に悟りを得たなら、もし諸々の衆生の飢え、渇きに悩まされ、食を求めるが故に悪い行いを造っても、我が名前を聞く機会を得られ、聞こうという事に専念をし、受持てば我はまさに先ず、最上の飲食をもって、その見を一杯にさせ、のちに真理によって絶対的な安楽が得られ、しかもこれを確立する。

第十二の大願は、願わくば我れ来世に悟りを得たなら、もし諸々の衆生が貧しくて衣服なく、蚊、あぶ、寒さ熱さに昼夜苦しめられても、我が名前を聞くことに専念し、受持てば好む所を、即ち種々の最上の衣服を得、また一切の宝の飾り物、華鬘、塗香、鼓楽、衆伎を得、心に願うところに従って皆、満足をする。

「曼殊室利よ。これをかの世尊、薬師瑠璃光如来、応正等覚が菩薩の道を行じた時に起した12の優れた上願である」
「又次に、曼殊室利よ。かの世尊 薬師瑠璃光如来は菩薩の道を行じた時に起した大願及びかの佛土の功徳で飾られたなら、我れはもし、一劫もしくは一劫の余り、説く事をやめることができる。しかも、かの佛土はひたすら清浄であり、女性がいなく、又、悪い所及び苦の声がなく、瑠璃を土地とし、金の縄で道を境界し、佛の壁、宮閣、軒窓、珠でできた鎖は皆、七宝で出来ている。また、西方 極楽浄土と同じ功徳で飾られていて、差別はない。その国の中において2人の菩薩がいる。一人目は日光遍照(日光菩薩)、二人目は月光遍照(月光菩薩)という。これはかの無量無数の菩薩衆の上位にいて、ことごとく良くかの世尊 薬師瑠璃光如来の正法の宝の蔵を保っている。これゆえ、曼殊室利よ。諸々の信心ある、善き男女などは、まさにかの佛の世界に生まれたいと願いなさい」

その時世尊は、又、曼殊室利童子に告げて言った。
「曼殊室利よ。諸々の衆生がおり、善悪を知らず、ただ執着し、ものおしみを抱き、布施や施しをした報いの結果を知らず、愚痴や無知によって信ずる心を欠き、多くの財宝を集め、勤めて守護を願う、乞者(修行僧)が来たのを見てもその心は喜ばず、たとえやむをえなく施しを行う時は、身肉を裂くがの如く深く痛惜を生じる。また、無量の物惜しみをしている衆生がいて、資材を集め、それを自分の側においても尚、使用せず、いわんや父母、妻子、仕える者、職人及び、乞者が来ても与えない。かの諸々の衆生はこれより、命が終わっても、餓鬼界、或いは畜生界に生まれる。
昔、落ちた衆生も人間で、かつてしばらく薬師瑠璃光如来の名を聞くことを得たことによって、今、報いによって落ちた迷いの世界にいても、しばらくは如来の名を憶い念じることを得たなら、即ち念ずる時において、餓鬼界、畜生界から帰って人間界へ生まれる。宿命の念を得て、報いにより落ちる迷いの世界の苦を恐れ、欲と楽を願わず、好んで恵みを施す行いをし、施した者を称え、一切の所有をことごとく、物おしみすることなく、次第になお、よく頭目、手足、血肉の身分をもって、求めて来る者に施しをしなさい。もちろん吾の財物もである」

「また次に曼殊室利よ。もし諸々の衆生、如来において、諸々の戒を受けるといえども、戒を破り、戒を破らないといえども規則を破ることがある。戒・規則において破らざるを得ないといえども、正しい見方を破ることがある。正しい見方を破らないといえども、教えを多く学ぶ事を棄て、仏に説いていただく経典の教えの深い事柄において、理解することがない。教えを多く学ぶといえども、思い上がることあって、思い上がりにより、心を悪で覆ってしまう故に自らを善しとし、他を非難する。正しい法を嫌い軽視をし、魔の仲間となる。かくのごとく愚かな人は自ら邪まな見方を行い、また、限りない数の衆生をとても険しい穴へ落とす。この諸々の衆生はまさに地獄・餓鬼・畜生において、流転すること極まりない。もし、この薬師瑠璃光如来の名号を聞くことを得たなら、すなわち悪行を棄て、諸々の正しい法を修め、報いによって落ちる迷いの世界へ落ちない。たとへ諸々の悪業を捨て、正しい法を修行する事ができず、報いに応じて落ちる迷いの世界に落ちる者がいても、かの如来の本願の偉大な力をもって、如来の前で、しばらく名号を聞いたなら、これより命が終わって人間へ生まれ変わって、正しい見解と精進とを得て、よく意志を調え、すなわち家を捨てて、家がなく如来の法の中に学ぶ処を受持ち、戒律を破ることなく正しい見解、多くを学んで、極めて奥深い教えを悟り、思い上がりを離れ、正しい法をそしらず、魔の仲間とならず、順次に諸々の菩薩の行を修行して、速やかに円満することを得なさい」

「また次に、曼殊室利よ。もし諸々の衆生が物惜しみをして嫉妬し、自分を褒め、他をそしったなら、まさに地獄・餓鬼・畜生の中に落ちなさい。計り知れない歳月の間、諸々の激しい苦を受け、激しい苦が終わってこれより命の終りが来ても人間に生まれず、牛・馬・らくだ・ロバをなって、恒にムチで打たれ、飢え・渇きに苦しめられる。また恒に重いものを背負って道に従って行き、あるいは人となることを得て生まれても、下層に住み、他人の迫害を受け、恒に自由にならない。もし昔、人間であって、かつて世尊薬師瑠璃光如来の名号を聞いているなら、この善い因縁によって、今また、思い念じ、心の底から帰依すれば、佛の神力をもって諸々の苦から逃れることができ、眼・耳・鼻・舌・身は悟りを得、智慧は多くを学び、常に勝れた法を求め、常に善き友に遭い、永遠に悪魔の束縛を断ち、無知の殻を破り、煩悩の河は枯れ、一切の生・老・病・死の憂い、苦悩を逃れられる」

「また次に、曼殊室利よ。諸々の衆生が好んで離れ、更にお互い争いをして、自他を悩め乱し、身・言葉・心をもって種々の悪業を造り、増大し、次から次と常に害をなす事をして、互いに相、妨害して、山林、樹、塚などの神に告げ召して諸々の衆生を殺し、その血肉を取り、夜叉、羅刹婆などを祭り、怨み人の名を書き、その形像を作り、悪の呪術をもってこれを呪い、屍を立たせ、虫を使ったまじないで死鬼を起こし、命を断たせ及び、その身の壊すも、この諸々の衆生がもし、薬師瑠璃光如来の名号を聞くことを得たなら、かの諸々の悪事はことごとく害することがなく一切は次々とみな、慈しみの心を起こし、利益・安楽にして苦しめる心及び恨みの心がなく、各々喜んで自ら薬師瑠璃光如来の名号を受ける所によいて、喜びを生じ、あい侵さず互いに害を与えない」

「また次に、曼殊室利よ。もし比丘・比丘尼優婆塞・優婆夷及びその他の清らかな心の善き男性・善き女性などがおり、よく正しい見方・正しい思い・正しい言葉・正しい行動・正しい生活・正しい努力・正しい心の安定を受持つ事があって、一年過ぎ、或いは又、3ヶ月、戒を受持ち、この善根をもって西方極楽世界の無量寿佛(阿弥陀如来)の所に生まれ、正しい法を聴きたい事を願い、いまだ定まらない者も、もし世尊薬師瑠璃光如来の名号を聞けば、命が終わるときに臨んで八大菩薩がそこにおり、その名を文殊師利菩薩・観世音菩薩・得大勢至菩薩・無盡意菩薩・宝檀華菩薩・薬王菩薩・薬上菩薩・弥勒菩薩という。八大菩薩は虚空に乗じて来て、その道を示し、かの世界、種々の色の諸々の宝の華の中において、自然に生まれる。あるいは、これによって天上界へ生まれる事があり、天中に生まれるといえども、本の善根は今だ尽きる事ない。また更に諸々のその他の報いによって落ちる迷いの世界に生まれず、天上の命が尽きれば又、人間に生まれ、あるいは輪王となって四州を統一し、威厳と徳望を自在にして、無量の衆生を十善道に安立させなさい。あるいは王族・バラモン・居士・大家に生まれて、財宝は豊で倉庫に満々、姿は美しく眷属を具え、聡明にして智慧があり、勇ましく猛々しいこと大力士のごとくなる。もしこの女人、世尊薬師瑠璃光如来の名号を聞くことを得、真実の心で唱え、のちにおいて又、更に女の身を受ける」

「また次に、曼殊室利よ。かの薬師瑠璃光如来の菩提を得たまう時、本願により、諸々の衆生を観じられるに、諸々の病苦・マラリア・頭の痛む病気・黄熱などの病に遭い、あるいは鬼・虫の毒のあたる所、又、短命である時は不慮の事故あり。これらの病苦を消滅し除き、求めて願いをするものを満せたいと願って、時にかの世尊は精神統一に入られた。名づけて【一切の衆生の苦悩を滅し除く(滅除一切衆生苦悩)】という。すでに定に入り終わって肉髻(にっけい)の中より大光明を出し、光中に大陀羅尼を演説された。真言に曰く

ノウモ バギャバテイ バイセイジャ クロ ベイルリヤ ハラバ アラジャヤ タタギャタヤ アラカテイ サンミャクサンボダヤ タニヤタ オン バイセイゼイ バイセイゼイ サンボリギャテイ ソワカ

その時、光中にこの真言を説き終わり、大地は震動して大光明を放ち、一切の衆生の病苦は皆、除かれて安穏の楽しみを受けた。 

  「曼殊室利よ、もし男女に病の苦しみがある者を見たなら、一心に病人の為に、清浄をし食事の後に手を洗いうがいをし、或いは食物、薬、虫のいない水に、108遍真言を唱え、これらを与えて食べさせなさい。かかっている病気の苦はことごとく皆、消滅をする。もし、求めることがあれば、心が至まで念じなさい。皆、ことごとく無病延命を得られる。命が終わった後に、薬師瑠璃光如来の世界に生まれて、決して失う事のない境地を得て悟りに至る。これゆえ、曼殊室利よ。もし男性と女性がいて、かの薬師瑠璃光如来に真実の心で熱心に謹み敬い供養をしないものは、常にこの真言を保って忘れてはいけない」

「また次に、曼殊室利よ。もし清らかな信仰を起した男女がいて、薬師瑠璃光如来、応正等覚のあらゆる名号を聞くことを得、聞き終わって常に経典を読誦し、朝は歯木を噛み、食事の後に手を洗いうがいをし、清浄にして諸々の香花、焼香、塗香でもって、諸々の音楽をなし、薬師瑠璃光如来のお姿を供養し、この経典を自ら書き、もしくは人に教え書かせ、一心に受け持ってその義を聞き、かの法師において供養を修すること。一切のあらゆる弟子が身に具わったものは、ことごとく皆に施し、与えて乏しくなることがないように。すなわち諸仏の護念をこうむり、求める処の願いが満ちて悟りに至ること」

その時に曼殊室利童子は佛に申し上げた。
「世尊、我まさに誓って像法の転ずるときにおいて、種々の方便をもって、諸々の清らかな信仰を起して、善き男女などに、世尊 薬師瑠璃光如来の名号を聞くことを得らせ、眠りの中においても又、佛の名をもってその耳を悟らせます。世尊、もしこの経を受持ち読誦をし、あるいは又、他の為に説法を聞き示し、もしくは自ら書き、もしくは人に書くことを教え、謹み敬って尊重をして、種々の華香・塗香・抹香・焼香・花鬘・瓔珞・幡蓋・伎楽をもって供養し、五色の糸で袋を作り、これら(種々の華香・塗香・抹香・焼香・花鬘・瓔珞)を盛り、清い処を水で注いで清めて、高座を聞いて安心して座れば、その時に四大天王は眷属及び吾の無量百千の天衆と共に、皆その場に詣でて供養し守護します。世尊、もしこのお経の宝が流れ出て行く処にて、よく受け持ったならば、かの世尊薬師瑠璃光如来の本願功徳及び名号を聞くことによって、まさに知るべし。この処に又、不慮の死なく、又、諸々の悪鬼神の為にその精気を奪われず、例えすでに奪われた者でも、元のようになることを得て、心身は安楽になる。

「曼殊室利よ もし、清い信仰の善き男女がいて、かの世尊、薬師瑠璃光如来に供養したいと願うものは、まさにまず、かの佛のお姿を造り、清浄なる座を設け、これに安心をして座りなさい。
種々の花を散りばめ、種々の香を焚き、種々の幡をもってその処を荘厳し、七日七夜、八正道を実践しなさい。清浄である食べ物を食し、水浴し、香で清め、清浄な衣を着て、まさに穢れなき心、怒りのない心を生じ、一切の衆生において利益・安楽を与え、苦を除き、他人の楽を喜び、平常心、平等の心を起し、仏を称え、太鼓を打ち、歌を歌って仏像を右回りしなさい。
まさに、かの如来の本願の功徳を念じ、この経を読誦し、その義を考え、説法を聞くことを示しなさい。楽を求めるれば一切皆、遂げることができる。長寿を求めれば長寿を得る。富を求めれば富を得る。官位を求めれば官位を得る。男女を求めれば男女を得る。もし又、人がたちまち悪夢を見、諸々の悪い相を見、あるいは怪鳥が襲来し、あるいは住む所に百の妖怪が出現したとき、諸々の妙なる道具をでもって、かの世尊 薬師瑠璃光如来を謹み敬い供養をしたなら、悪夢、悪い相、諸々の不吉な兆しはことごとく没し、災いとなる事はない。あるいは水や火、刀の被害・剣の先・悪い象・獅・虎・狼・毒蛇・さそり・むかで・蚊・あぶなどの恐れがあっても、もしよく心にかの佛を思い、念じ、謹み敬い供養をすれば、一切の恐れは皆、逃れられる。もし他国の侵入者・盗賊・反乱があっても、薬師瑠璃光如来を思い念じ、謹み敬ったなら又、皆、難を逃れられる」

「また次に曼殊室利よ。もし清い信心のある善き男女などがいて、命が終わるまで他の天に仕えず、ただ一心に佛・法・僧に帰依し、禁戒を守りなさい。もし、五戒・十戒・菩薩の四百戒を守るべし。修行僧の250戒、尼僧の500戒を自我の執着で戒律を破ることがあって、迷いの世界に落ちることを怖れ、もしかの薬師瑠璃光如来の名号を専念して唱え、謹み敬い供養をする者は、必ず地獄・餓鬼・畜生の世界に生まれない。あるいは女性がまさに出産のときに最高の苦しみを受けても、もしよくかの薬師瑠璃光如来の名前を唱え、礼拝、称賛し謹み敬い供養をすれば、諸々の苦はみな除き、生まれる子も身体を具わり姿形は端正で見るものも喜び、聡明で難の悩みも迷いもなく、病気が少なく悪鬼にその精気を奪われることがない」

そのとき、世尊はアナンに告げて言った。
「我はかの世尊、薬師瑠璃光如来の全ての功徳を褒め称えるは、これは諸仏の極めて奥深い行をして、理解する事は難しい。汝は信じるか信じないか」
アナンが言いました。
「大徳世尊よ。我は如来の説く経において、疑惑を持ちません。理由は一切の如来の身・言葉・心の業は清浄でないことはありません。世尊よ、この日月輪を墜落させても妙高山王を動揺させても、諸仏の言う事に異なることはない。世尊よ、諸々の衆生がいて信念が見えず、諸仏の極めて奥深い行を説きたまうのを聞いて、この考えを理解せず、ただ薬師瑠璃光如来、一佛の名号を念ずるだけで方便の勝れた功徳を得ることができないと思い、この思いによって信じず、かえって悪口を生じ、彼は長い間、大きな利益と安楽を失い、諸々の迷いの世界に落ち、生まれ変わりをすることきわまりない」
世尊はアナンに告げました。
「この諸々の生きとし生けるものが、もし世尊薬師瑠璃光如来の名号を聞き、真実の心で受持して疑惑を生ずることがあっても地獄・餓鬼・畜生に落ちる者もここにはいない。アナンよ、これは諸仏の極めて奥深い修行によって教えを信じ理解をしなければ難しい。
アナンよ、今よく受け、知りなさい。皆これは如来の威力である。アナンよ、一切の教えを聞く修行僧、独自の修行をする僧及び迷いの世界を超えた世界を得る為の準備修行をする菩薩、皆ことごとく教えを信じ理解をすること叶わず。ただ、一生悟りを得た菩薩を除く。
アナンよ、人の身を得ることは難しい。仏・法・僧の中において、信じ敬い尊重することも得る事ができない。世尊薬師瑠璃光如来の名号を聞く事を得ること、又、聞くことは難しい。かの薬師瑠璃光如来の無量の菩薩行、無量の勝れた方便、無量の勝れた願、我もし一劫の余においても広く説けば、劫は速やかに滅びても、かの薬師瑠璃光如来の行願、すぐれた方便は滅びることはない」

その時、衆生の中に一人の菩薩がおり、名前は救脱(くだつ)という。すぐに座より立って、右肩はだぬき、右肘を地に付け、体を曲げて手を合わせ、佛に言いました。
「大徳、世尊よ。像法の転ずる時、諸々の生きとし生けるものがいて、種々のわずらいに困窮し、永い病気を患い、痩せて飲食することができず、喉と唇が渇きどちらを見ても暗く、死相が現れ、父母、親族、友人が泣いて取り囲んだ。しかし、彼自身は伏して本来の所におり、閻魔の使いが彼の魂を引いて、閻魔法王の前に至ったと見る。しかもお、諸々の生きとし生けるものには倶生神(くしょうじん)がおり、その悪い行い、もしくは良い行いに従って、皆つぶさにこれを書き、書いたものをことごとく持って閻魔法王に授与する。
その時、閻魔法王は充分に検討し、行いを計算して、その悪い行い・良い行いに従って悪い場所を断ち切る。時に病人の親族、友人は彼の為に世尊薬師瑠璃光如来に帰依し、諸々の衆僧を招いて、この経を読誦し、七層の燈明を灯し、五色(ごしき)の寿命の延長を祈る幡を掛ける。或いは、この場所に彼の魂が帰ることがある。夢の中にあるかのように明らかにして自らの姿を見る。或いは7日、或いは21日、或いは35日、或いは49日を経て、彼の魂の帰る時、夢から覚めるかのように皆、自ら善・悪の業の得る所の報いを知り忘れてはいけない。
自らの業の報いを正しく見ることによって、命を損なわれる災難、諸々の悪業を造らない。故に浄信のある善き男女などは、皆まさに薬師瑠璃光如来のお名前を受持し、力のおよぶ所に従って謹み敬い供養をしなさい」

その時アナンは救脱菩薩に質問をした。
「善き菩薩よ。どうしてかの世尊薬師瑠璃光如来を謹み敬い供養し、又、命が続く幡、燈明を造るべきなのか」
救脱菩薩が言うに
「大徳よ。もし病人がおり、病苦を逃れたいと思えば、まさにその人の為に七日七夜、正しい見方・正しい考え・正しい言葉・正しい行動・正しい生活・正しい努力・正しい心・正しい心の安定を受持しなさい。まさに飲食及び物質で力の整う所に従って(自身で出来る範囲内で)修行僧を供養しなさい。昼夜6時にかの世尊薬師瑠璃光如来を礼拝し供養しなさい。このお経を49反読誦し、49の燈明を灯し、かの如来の姿の像を7体造り、一つ一つの像の前に各々7燈明を置き、一つ一つの燈明の量は大いなる車輪のようにしなさい。あるいは又、49日間光明を絶やさないようにし、五色の幡を造って、長さを49尺にしなさい。まさに色々な衆生を放して49に至らせる。危険や災難を救い、諸々の死者の為に所持することを得るべし」

「また次にアナンよ。もし刹帝利灌頂王などが災難を起す。衆生の病気の難、他国からの侵入の難、自分の存在する世界の反逆の難、時節外の風雨の難、雨が降らない難、時節によらない日食や月食の難、宿曜星の怪しげな不吉な難である。かの刹帝利・灌頂王などは、その時一切の生きとし生けるものにおいて、慈悲心を起こし、諸々の束縛を許し、先に説いた供養法によって、かの世尊薬師瑠璃光如来を供養し奉りなさい。この善根及び薬師瑠璃光如来の本願の力によるが故に、薬師瑠璃光如来の世界は安穏になることを得させる。
風雨は時に順じて穀物が実り、一切の生きとし生けるものは無病にして喜び、その国の中で粗暴な夜叉などの神が生きとし生けるものを悩ますことはない。一切の悪い人相は皆、ひそかに没して刹帝利・灌頂王などは寿命力・無病は思いのままで皆、増益することを得る。
アナンよ。もし王・王妃・君主・王子・大臣・次官・中宮・給仕女・役人、諸々の民が病のために苦しめられ、及び、その他の厄難あれば、まさに五色の神聖な幡を造立し、燈明を灯し続け、諸々の生命を放ち、いろいろな色の華を散らして多くの名香を焚きなさい。病が癒えることを得、諸々の難から逃れなさい。

その時アナンは救脱菩薩に問いて言った。
「よき菩薩よ。どうしてすでに尽きる命を増益すべきなのか」
救脱菩薩の言うには
「大徳よ。汝はどうして如来の人間が受ける9つの災難、死がありと説いているのを聞かないのか。それ故に続命の幡・燈明を造り、諸々の福徳を修することを勧める。功徳を修することによって、その寿命が尽きる苦しみを経ない」
アナン問いて言った。
「人間が受ける9種の災難とは何か」
救脱菩薩が言った。
「諸々の生きとし生けるものがおり、病が軽いといえども医薬および看病する者もなく、例え医者に遭っても授けられるものが薬でなければ、死ぬも不慮の死である。又、世間の正しい道を妨げる悪魔・妖怪の師を信じて、みだりに災いと福を説いて、恐ろしい動きを生み、自ら心を正しくせず、占いに問いて災いを求め、種々の衆生を殺して、生きとし生けるものの心に呼び掛け、諸々の妖怪を呼んで功徳を招くことを乞い、延命することを願うもついに得る事が叶わず。愚痴・迷惑にして誤った見方を信じ、ついに不慮の死で地獄に入り、出られる時期はない。これを初めの横(おう)を言う。

2つには、道理に外れた王の法律に罪を責められ殺される。
3つには、獣狩りに喜び、浴場にふけり、酒をたしなみ、気ままに遊んで節度がなく、道理に外れた悪鬼の為に、その精気を奪われる。
4つには、道理に外れた火の為に焼かれる。
5つには、道理に外れた水の為に溺れる。
6つには、道理に外れた種々の悪獣の為に食われる。
7つには、道理に外れた山崖から落ちる。
8つには、道理に外れた毒薬・祈祷・呪い・死体に取りつく鬼などの為に害される。
9つには、飢え渇きに苦しめられ、飲食することも得られず不慮の死を遂げる。
如来は略して不慮の死に、この9種があるとされる。その他にも又、無量の諸々の道理に外れた事があって、つぶさに説く事は難しい」
「また次に、アナンよ。閻魔王は、世間の名前を記した名簿を管理し、諸々の生きとし生けるものが、不孝、五逆、佛・法・僧を破壊し、主君と下臣の法を破り、信じる戒をそした時、閻魔法王は罪の軽い重いに従い考え、これを罰する。これゆえ我は今、諸々の生きとし生けるものに勧めて燈明を灯し、幡を造り、生き物を放して福を修めることを勧め苦厄を祓い、人々が難に遭わないようにするなり。

その時、人々の中に12の薬叉大将がおり、共に会座にいます。いわゆる
くびら大将・ばさら大将・めいきら大将・あんちら大将・あにら大将・さんち大将・いんだら大将・はいら大将・まごら大将・しんだら大将・しょうどら大将・びぎゃら大将なり。
この12の薬叉大将は、一つ一つそれぞれに七千の薬叉がおり眷属となす。薬叉は同時に声をあげて佛に申し上げました。
「世尊よ。我等は今、佛の威力をこうむり、世尊薬師瑠璃光如来の名号を聞く事を得ました。又さらに、悪業の報いによって迷いの世界に生まれるおそれがない。我等は相引いて皆、同一の心にして形を尽して佛・法・僧に帰依し、誓って一切の生きとし生けるものになって、道理と利益を作し、利益を与え安楽にする。従って、何らかの村々・国々・人のいない林の中においても、この経を流布し、或いはまた、薬師瑠璃光如来の名号を受持し、謹み敬い供養する者がいれば、我ら眷属は、この人を衛護し、みな一切の苦難を消滅させる。あらゆる願いをことごとく満足させる。あるいは病気の難から救いを求める者がいれば、まさにkの経を読誦し、五色の糸でもって我が名字を結び、願い事を得て終わった後に結びを解くべし」

その時、世尊は諸々の薬叉大将を褒めて言った。
「良い事だ。良い事だ。大薬叉将よ。汝等 世尊薬師瑠璃光如来の恩と功徳に報いたいと念じる者は、常にこのように一切の生きとし生けるものを利益し安楽させるべし」

その時、アナンは佛に申し上げました。
「世尊よ。まさにkの法門を何と名づけ、我等は何を保ち続けるのでしょうか」
佛、アナンに告げました。
「この法門を名づけて【薬師瑠璃光如来本願功徳(やくしるりこうにょらいほんがんくどく)】と説き、又、名づけて【十二神将饒益有情結願神呪(じゅうにしんしょうにょうやくうじょうけちがんじんじゅ)】と説く。又、【抜除一切業障(ばっくじょいっさいごうしょう)】と名づく。まさにこのように保ちなさい」

この時、世尊はこの語りを説き終わって、諸々の菩薩及び国王・大臣・バラモン・居士・天龍・薬叉・乾闥婆(けんだつば)・阿修羅・迦樓羅(かるら)・緊那羅(きんなら)・まごらか・人非人等・一切の衆生は佛の所説を聞いて皆、大いに喜び、教えを信じ受けて理解し実践をした。


【語句の解説】
☆五色=仏教の基本色で白・青・赤・黄・黒の五色。密教では五仏や五智などに配当され
      る。
☆八正道=悟りの境地に達するため、八種類の正しい行い。
       @正しい見方  A正しい考え  B正しい言葉  C正しい行い
       D正しい生活  E正しい精進  F正しい思い  G心を安定させる
☆五戒=在家仏教信者が守る五つの戒。
      @生き物を殺さない  A盗みをしない  B男女間を乱さない
      C嘘をつかない  Dお酒を飲まない
☆十戒=@生き物を殺さない  A盗みをしない  B男女間を乱さない
      C嘘をつかない  Dお酒を飲まない  E装身具や香などを身につけない
      F歌や踊りを見たり聞いたりしてはいけない  G広く高い床に寝てはいけない
      H正午以後は食事をしない  I金銀財宝を蓄えない
☆妙高山王=仏教の世界観、須弥山と同じ
☆倶生神(くしょうじん)=人が生まれると同時にその人の善悪を記して、閻魔大王に
               報告をする神
☆刹帝利=インドにおける王族・武人の階級
☆灌頂王=インドの国王の即位を行う儀式で、その儀式を行った王。
☆宿曜星=暦に載っている、二十八宿・十二宮・七曜を総称したもの
☆横(おう)=道理に外れたこと
乾闥婆(けんだつば)=好色の神
☆阿修羅=インドでは悪い神で、常に戦っている鬼神。
☆迦樓羅(かるら)=金色の羽を持つ鳥
☆緊那羅(きんなら)=美しい声を持ち、よく歌い舞をする天の楽神
☆まごらか=大うわばみ
☆人非人等=人とも人でないともいえないもの