×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


仏説摩訶般若波羅蜜多心経

ぶっせつまかはんにゃはらみたしんぎょう

 如来がお説きになった、彼岸に至る偉大なる真実の智慧の中心のお経



観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空度一切苦厄 観世音菩薩が、深い智慧の実践を行じられた時、この世を構成している物質的存在と精神作用は、すべて空であることを見通され、一切の苦しみを克服された。
舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是 舎利佛よ この世の物質現象は空に異ならず、空は物質現象に異ならず、色すなわち空であり、空すなわち色である。受・想・行・識もまた、同じである。
舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 舎利佛よ この五つの諸々の存在は、空を相として生ずることなく、滅することなく、汚れず、清らからず、増さず、減らず
是故空中無識 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色聲香味觸法 無眼界乃至無意識界 それゆえに空の中には、色もなく、受・想・行・識もなく、眼・耳・鼻・舌・身もなく、色・声・香・味・触・法もなく、眼界もなく、意識界もない。
無無明 亦無無明盡 乃至無老死 亦無老死盡 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 無明もなく、老死もなく、また無明がなくなること、老死がなくなることもない。苦しみもなく、苦しみの原因もなく、苦しみの超克への道もない。悟ったという人もなく、得たという人もない。得られたものがないからである。
菩提薩垂 依般若波羅蜜多故 心無圭礙 無圭故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 菩提薩垂は智慧の完成に依るが故に、心に覆うもの、妨げるものがない。覆われること、妨げられることがないから、恐れがない。すべての逆ちした妄想を遠く離れて究境の涅槃を成就している。
三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 三世の諸仏たちも、智慧の完成によっているから、この上もなく正しい平等の悟りを得て、覚者となる。
故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪是無等等呪 能除 一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多即説呪曰 それ故に、こう知るべきである。智慧の完成は大いなる真実であり、大いなる明智の真言であり、無上の真言であり、無比の真言であり、一切の苦しみを除き、それは真実であって虚為ではないから、智慧の完成の真実を説いて曰く
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 往きつける者よ 往きつける者よ 悟りの彼の岸に往きつける者よ 幸いあれ 智慧の中心のお経



この世の物は全部、仮の姿であって実体がない。全て因縁によって存在をしている。
例えば花、花は種だけでは育ちません。土があり、空気があり、太陽があり、そして雨が降って潤う。環境の条件もある。その結果綺麗な花を咲かせるのです。このように全ては、因縁で結ばれています。一つでも欠けると花が咲かないと同じように物質は存在しません。
人間も同じです。ご先祖様が一人でも違っていたら、今の自分はないのです。
このように全ては仮の姿で実体がないのだから執着心を捨てなさい。こだわりをなくしなさい。
なくすことによって真実の姿を見ることができるので、彼岸へに渡る(悟りを得る)事が出来ると言う事です。
執着をしてはいけないのだから〔物を捨ててしまえ〕とか〔自殺をしてもいい〕ということではありません。
悟りを開く為に智慧を得る教えです。
般若心経は【大般若経】という600巻からなる、膨大な経典のエッセンスです。大切な部分を凝縮したお経ですあの西遊記で有名な、玄奘三蔵が漢訳したものが一番普及しています。

【語句の解説】
☆彼岸(ひがん)とは、悟りの世界。私達が住んでいる、この世を此岸(しがん)といいま
  す。
☆五蘊(ごうん)とは、物と心とを五つに分けたもの。
  色(しき)=物質。身体と物質のこと。
  受(じゅ)=感覚・感情作用
  想(そう)=心の浮かぶ表像作用
  行(ぎょう)=衝動的な心の作用。欲求的な作用
  識(しき)=意識・認識・識別作用
☆空(くう)とは、この世のものは皆、因縁によって出来ているので実体がない。
  固定的なものがない。一つでも欠けたなら、そのものの存在はない。
☆無明とは、無知のこと。
菩提薩垂(ぼだいさった)とは、菩薩のこと。菩薩は菩提薩垂の略。
  衆生を救済しながら、自らも悟りを求めて修行をしている者のこと。
☆三世とは、過去・現在・未来のこと。