×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


金 剛 夜 叉 明 王
(こんごう やしゃ みょうおう)

オン バザラヤキシャ ウン



明王には五大明王というのがあります。中央及び東西南北に配され人々を守っています。
中央がお馴染みの、不動明王(ふどうみょうおう)・南の方角が軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)・東の方角が降三世明王(ごうさんぜみょうおう)・西の方角が大威徳明王(だいいとくみょうおう)です。

そして、北を守っているのが金剛夜叉明王です。

金剛夜叉明王

【特  徴】
 3つの顔をもち、6本の腕がある。
 正面の顔には、5つの眼がある。


【ご 利 益】
 手に印(どの仏さまかが分かる手の形)を結び、呪文
 を108回或いは1080回唱えると人に尊敬をされ、愛されるというの
 です。









金剛夜叉明王は過去、現在、未来の煩悩を飲み尽くし、取り除いてくれるというのです。
インドの言葉で、バジラヤキシャと言います。
バジラは日本語で金剛
ヤキシャはそのまま夜叉としている。

持ち物は
剣(利剣 りけん)     煩悩をやっつける。
弓矢(弓箭 きゅうせん) 邪心が深い、教化しにくい人々を仏の智慧ですばやく導く。
五鈷杵(ごこしょう)    煩悩を打ち破る
綱(羂索 けんさく)    邪心が深い、教化しにくい人々を縛って導く。
台座は踏割蓮華座(ふみわり れんげざ)といい、蓮華座の異形で、一足に一つの蓮華座に足を乗せている。