×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

孔 雀 明 王
(くじゃくみょうおう)

オン マユ ラ キランデイ ソワカ


梵名は『マユラ』で、訳すと孔雀になります。

特徴は、金色の孔雀の背に白か青の蓮華座に、結跏趺坐(ケッカフザ)しています。腕が四本あるものは、慈悲の相です。

持っているものは、
右の第一手は開いた蓮華 ・ 第二手は倶縁果(グエンカ)を持っている。
左の第一手は吉祥果を持ち胸の前に当てている。第二手は孔雀の羽を持っている。

形は、2臂・4臂・6臂・8臂があります。


比丘の吉祥が出家して間もなく、人々のために薪を割っていました。木の下に黒い蛇がいて、吉祥比丘の右足の指を噛みました。吉祥比丘は苦しみ悶え、口から沫を吐いて地をノタウチ回っていました。阿難はお釈迦さまの所へ行き、治す方法を伺いました。お釈迦様は、阿難に「汝が孔雀王呪経を持ち、吉祥比丘を護り、結界・結呪をしたら、毒に害することなく、衆生も毒に害されることはない。」と言いました。というのが、孔雀経の縁起です。

孔雀明王の真言を唱えると、諸々の毒や災いを除くとされ、あらゆる災難を取り除きます。
役行者は山深い幽谷で、孔雀明王の真言を唱え、修行をしたら神通力が自在となり、空を自在に飛び回ることができるようになりました。そして、鬼神も自在に操れるようになったといいます。

ご利益は、インドでは孔雀は毒蛇や毒虫を食べるとされているので、諸々の毒を除く・長寿・諸願成就・消災・除難・息災延命

孔雀明王の像は、あまりないように思います。私が見たのは高野山でした。


イラスト (C)2004RayLand