×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

写経の書き方



写経はお香を焚いたり、塗香で身を清めてから、墨を摺り、摺っている間に精神を整えて書き始めます。
しかし私は筆ペンを使っても良いと思います。写経をしようという気持ちが大切と思いますので、少しでも「書いてみたい」と思っている方は、筆ペンで良いですので、是非なさって下さい。ただし鉛筆・マジック・ボールペンなどで書いてはダメですよ。

合掌をしてから、書き始めて下さい。

書いている途中で、気持ちが散漫になったら、筆を置いて深呼吸をして下さい。
そして心が落ち着くまで、目を静かに瞑りましょう。

書き終わったら、読誦しましょう。
その事によって、誤字や脱字が判ります。
きちっと書けたら、合掌をして終わりです。


写経は、般若心経だけではありません。
他のお経を写しても良いので、好きなお経の写経をなさって下さい。

書いている途中で、誤字や脱字があったら、次のように訂正して下さい。



【誤 字】
誤字をした文字の横に〔・〕をつけて、同じ行の上(枠外)に正しい文字を書きます。


       相











































































































































       

  

【脱 字】
脱字をした文字と文字の間に〔・〕をつけて、同じ行の下(枠内)に正しい文字を書きます。